「あさが来た」福沢諭吉は現代人のタイムスリップか?『あさが来た』ドラマの原点は男性の歴史を見直したい女性の執念だった。

2016年01月15日

「あさが来た」NHK連続ドラマ外、数奇な運命。

「あさが来た」NHK連続ドラマ外、明治時代の数奇な運命。





西郷隆盛も大久保利通も同じ薩摩藩の下加治町の下級武士の子として育っている。二人とも幼馴染である。


南洲は西郷隆盛の甲東は大久保利通の幼少時の名前である。


「南洲は沈毅寡黙にして父老の間に愛撫せられた一個の麒麟児であった。
之に反して甲東は、其幼時において剛邁不覊、恰も(あたかも)猛虎の逸出したるが如き悪戯者で、殆ど制御に苦しむほどであったといふことである」


西郷隆盛は物静かでおとなしい、誰にも可愛いがられた少年。


大久保利通は誰の言うことも聞かない
悪戯な少年。


二人の違った性格を持った少年が薩摩藩の中で倒幕の意思を固め協力して江戸幕府を倒のだが、明治維新後は二人の性格が対立する。





大久保利通は明治国家を一番に考える。そのため周囲の人々と軋轢を生じ、いわゆる権力闘争を繰り広げながら国家を作ろうとする。


国家を大切にしようとする大久保利通。国家の最高権力を手にするが、多くの者から嫌われた。








西郷隆盛は常に個、特に江戸時代の武士階級を大切にした。



個人の情を大切にした西郷隆盛。故に誰からも愛された西郷。



国家建設には西郷隆盛はむしろ淡泊。明治維新後は常に明治政府から一定の距離を保とうとし、最終的には薩摩に帰り挙兵。



1877年には西南戦争を起した嘗ての親友、西郷隆盛と争うことになります。



討伐の指揮をとった大久保利通。この戦いにより、西郷隆盛は鹿児島の城山で敗死しました。



西郷隆盛の死の翌年、大久保利通は馬車で宮中に向かう途中、大久保独裁に不満を募らせた暴漢ちに襲われ西郷の後を追うように亡くなります。享年48歳でした。



二人の薩摩の同郷の少年が、幕府倒幕の目的を終えた後は、一人は鹿児島の山で敗死し、もう一人は東京の紀尾井町で暗殺される。


 
なんとも2人の不思議な運命である。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「あさが来た」福沢諭吉は現代人のタイムスリップか?『あさが来た』ドラマの原点は男性の歴史を見直したい女性の執念だった。